病院

原因を知って効果的な治療法をとろう│糖尿病の仕組みとは

血糖値が高くなる病気

カウンセリング

病気の原因と予防法

糖尿病は血糖値が上がり高血糖の状態が続く病気です。血糖値とは血液中に含まれるブドウ糖の量のことで、膵臓から分泌される「インスリン」によってその値が一定に保たれています。糖尿病はこのインスリンの量の不足や作用の低下によって血液中のブドウ糖の量が増え過ぎてしまい起こります。糖尿病には1型と2型があり、1型は膵臓のインスリンを生産する細胞が破壊されることによって、2型は主に生活習慣の乱れが原因で発症します。日本人の糖尿病患者の9割が2型の患者になります。2型は食事や生活態度に気を配ることによって予防することができます。まず、食事はカロリーを必要以上に摂取しないよう食べる量やメニューに気を付けましょう。血糖値を上げる糖質を制限することも重要です。また、普段から体を動かす習慣をつけましょう。ストレッチ運動やウォーキング、ジョギングなど週に何回か適度な運動を行うことが理想的です。そして、しっかり休息をとることやストレスをためないようにすることも大切です。これらを実践することで2型の発症に繋がる肥満や運動不足を解消することができます。

病気の症状と合併症

最初に風邪に似た症状が表れる1型に対して、2型は初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。自覚症状がないので発症していても病気が悪化するまで気が付かないこともあります。ですから、病気を早期に発見するためにも定期的に健康診断を受けましょう。病気が進行すると喉の渇きや頻尿、倦怠感、体重の減少などの症状が表れます。また高血糖の状態が続くことで合併症を引き起こす恐れがあります。主な合併症には、手足の痺れや痛みから始まり重症化すると壊疽を起こす「糖尿病神経障害」があります。また、増え過ぎたブドウ糖により目の毛細血管が傷付けられ場合によっては失明することもある「糖尿病網膜症」や腎臓にある糸球体が悪くなり濾過機能が損なわれる「糖尿病腎症」があります。合併症は医師の指示に従い適切な治療をしっかり行うことで予防していくことができます。