病院

原因を知って効果的な治療法をとろう│糖尿病の仕組みとは

医師に頼る

レディー

厚生労働省の調査によれば、糖尿病の患者は増加傾向にあると言われています。平成23年時点での糖尿病患者数は約270万人であるのに対して、平成26年時点では約316万人となっていて、3年間で約46万人増えていることになります。また糖尿病になれば、カロリー制限など食事の見直しが必要となります。しかし必要以上に制限をかけてしまうと、かえってストレスとなってしまうこともあります。基本的に「糖尿病の人が食べてはいけないもの」はないので、工夫すれば他の人たちと同じ食事をすることも可能です。例えば味付けの工夫では、香味や旨みをうまく利用して塩分摂取量を控えるなどの工夫も出来ます。また特定保健用食品も上手に取り入れてみると良いかもしれません。

糖尿病とは、血液中の血糖値が高くなる病気のことを指します。現在では糖尿病患者、或いはその予備軍の人は増加傾向にあると言われています。また糖尿病は初期の段階では、ほとんど自覚症状がないという特徴があるため、健康診断等で血糖値が高いと言われていても、治療を受けないでそのまま放置してしまう人も少なくありません。しかし糖尿病が進んでくると以下の特徴が出てくると言われています。のどの渇きを訴えたり、尿の回数が増えてきたりします。また急に体重が減ったり、全身がだるく疲れやすくなったりします。また目がかすむなどの症状も出てくることがあります。このような症状が出てきた場合は、病院を受診して医師の診察を受ける必要があります。